雲南料理:汽鍋鶏のレシピ

汽鍋鶏出来上がり
スポンサーリンク
スポンサーリンク

雲南料理:汽鍋鶏のレシピ

汽鍋とは紫砂や黄砂で作った鍋のことです。

雲南料理によく使う調理鍋です。

汽鍋は真ん中に空洞があって、直火には使えません、同じ直径位の鍋に水をたっぷり入れて、汽鍋をその上に載せて蒸します。

具材に水を入れず、沸騰したお湯の水蒸気でじっくり具材に染み込んでスープになります。お肉がほろほでスープも濃厚です。

ちなみに汽鍋は楽天で買えます。

汽鍋鶏

汽鍋鶏 ©︎atelier-leilei.blog

薬膳汽鍋鶏の材料

薬膳汽鍋鶏の材料 ©︎atelier-leilei.blog

材料

  • 鶏モモ肉
  • 手羽元(骨のダシが欲しいので、手羽先でもOK)
  • 椎茸
  • キクラゲ
  • ネギ
  • 生姜 ※薬膳にしたいなら以下の漢方を入れても良い
  • 枸杞
  • シナモンパウダー
  • 乾燥龍眼
  • 天麻20gまで
  • 三七5gまで
汽鍋鶏の具材を詰める

汽鍋鶏の具材を詰める ©︎atelier-leilei.blog

作り方

  1. 鶏モモ肉を一口大に切る、スープの脂を抑えたいなら、皮を取っても良い。ちなみに私は皮を取ります(^^)
  2. 切ったモモ肉と手羽元に塩、白胡椒で揉み、15分位つけ置き。
  3. 椎茸、ネギ、生姜を切る。
  4. キクラゲは乾燥のものでも、新鮮なものでもいいです、乾燥キクラゲならあらかじめ水で戻さなければならない。
  5. 汽鍋に具材を詰めます。鶏肉、生姜、椎茸、キクラゲ、ネギ、薬膳の順、二段位詰めれると思います。
  6. 最後にお酒をたっぷりかけます。
  7. 下の鍋に水を入れます、大体2〜3時間蒸しますので、途中で水がなくならないようにたっぷり入れます。お湯が沸騰したら弱火に変えます。
  8. ポイントは途中で絶対に蓋を開けてはいけません!せっかく溜まった蒸気が逃げます、汽鍋いっぱいにスープが出てきたらOKです(^^)
汽鍋鶏出来上がり

汽鍋鶏出来上がり ©︎atelier-leilei.blog

料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

  1. はじめまして(^^♪
    面白い鍋ですね。試してみたいと思います(^^)/

    • コメントありがとうございます。
      ぜひ試してみてください(^^)

タイトルとURLをコピーしました