30年代と50年代の旗袍(有中文)

スポンサーリンク

《阮玲玉,胡蝶,宋氏三姊妹及所有的民国名媛和民国女性,为何我们再也穿不出她们的旗袍味道?那是因为她们的旗袍已经不存在了。》
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆
旗袍は時代によってそれぞれのシルエットとデザインが違います。
30年代と50年代旗袍を比べてみましょう。分かりやすいようにそれぞれの時代に活躍した女優さんの旗袍で見てみましょう
1930年~40年頃-阮玲玉・平連袖旗袍。
    
  
中国の伝統的な裁断法を用いて、バストダーツやウエストダーツを一切入れない平面的なパターンです。
特徴:柔らかく体を包むフェミニンなシルエット。
しかし今は着る女性がいません、作れる職人も少なくなりました。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆
1950年~60年頃-尤敏・接袖旗袍。 
  
  
 
この頃からバストダーツやウエストダーツ、付け袖などの西洋の裁断技術を取り入れた旗袍が主流になりまし。
特徴:女性らしい曲線美、凛とした気品。
違いは分かりましたでしょうか。
あなたはどちらがお好みですか^ ^
※写真は百度より。
☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆
旗袍根据时代不同,轮廓与款式也不同。
让我们来比较一下30年代和50年代的旗袍。为了能一目了然,看看活跃在那个时代的女明星们穿的旗袍。
1930年〜40年-阮玲玉,平连袖旗袍。
中式传统的裁剪法,没有胸省和腰省。
特征:能把曲线妙曼的东方女子柔美的包裹起来。
可是如今已经没有人穿了,会做的老师傅也不多了。
1950年〜60年-尤敏,装袖旗袍。
从这个时代开始引入了西方的裁剪技术,有胸省,腰省,装袖的旗袍为主流。
特征:突出女性的曲线美,冷艳,妩媚。
你看出她们的不同之处了吗?
你钟意哪一款呢^ ^
※照片来自百度。

チャイナ服
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました