コットンプリントの平連袖旗袍

スポンサーリンク

試作品です。

平連袖旗袍はやはり難しいです、何回作っても思い通りにはなりません。

归拔

归拔

ダーツを一切入れないので、バストの膨らみとウエストの凹みはアイロンの蒸気や熱を利用して生地の経緯を変化させるテクニック、これは「归拔」と言います。

生地の種類によって出来上がりが違います。薄手のシルクは割とやり易い、麻の生地もやり易い、綿や化繊の生地はやはり難いです。

生地の種類によって出来上がりが違います。薄手のシルクは割とやり易い、麻の生地もやり易い、綿や化繊の生地はやはり難いです。

生地の種類によって出来上がりが違います。薄手のシルクは割とやり易い、麻の生地もやり易い、綿や化繊の生地はやはり難いです。

今回はローンの綿生地を選んだので、着用した時ウエスト周辺はちょっとスッキリしません。生地にドレープ性が欠ける原因かもしれません。

アンダードレスは正絹の長襦袢で作りましたので、ドレープ性がたっぷりあって良い感じです。普通のワンピースのアンダードレスとしても着用できるし、ルームウェアとしても着用できます。

正絹の長襦袢で作ったアンダードレス

正絹の長襦袢で作ったアンダードレス

チャイナ服
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました