チャイナドレスの作り方:着物リメイク3

スポンサーリンク

前回からつづく

前回の記事は下記のリンクよりご覧になれます。

チャイナドレスの作り方:着物リメイク2
前回からつづく、柄合わせは他にも色々やり方はあると思いますが、私は自分でやりやすい方法を紹介します。ただ今回使用する羽尺の柄はどうしても完璧には合いませんので、写真のように、とりあえず半円と半円をくっ付けるような感じでいきます。
スポンサーリンク

着物の反物を使って市販の型紙でチャイナドレスの作り方3

必要な型紙について

今回は裏地なしで右脇にファスナー開きのデザインです。

必要な型紙:

  1. 前身頃 1枚
  2. 後身頃 1枚
  3. 右肩上 1枚
  4. 右肩下 1枚

右肩上と右肩下はバストダーツで分けて2枚にします。

ファスナー止まり位置はヒップラインより3cm下にします。

ファスナーはコンシールファスナー56cmを使用。

右肩下の型紙はファスナー止まり位置よりさらに5cmを長く取ります。(縫い代を除く)

チャイナドレスの型紙

必要な型紙は全部で4枚です ©️atelierleilei.com

型紙に印を付けます

バストダーツやウエストダーツのダーツ先に目打ちで穴を開けます。

右肩上にある斜め開きのカーブラインにも細かく目打ちで穴を開けます。

この穴はのち、裁断した生地に消えるチャコペンで直接印を付けるのに便利です。

私は今までの経験で一番便利でやりやすい方法です。

チャイナドレスの型紙に目打ちで印の穴を開けます

型紙に目打ちで穴を開けます ©️atelierleilei.com

裁断について

いよいよ裁断です。

2枚の着物地を縫い合わせた生地を用意し、平らに整えます。

着物地2枚を縫い合わせた生地を平らに整えます

着物地2枚を縫い合わせた生地を平らに整えます ©️atelierleilei.com

前身頃

前身頃は左右不対称で広げて裁断する為、中心線をきっちりズレないように合わせなければならない。

まず前身頃の型紙を半分に折って生地の中心線に合わせます。

中心線に合わせたら型紙を広げて裁断します。

後身頃

今回は写真を撮っていませんが

後身頃は左右対称でわになっていますので、生地も半分に折ってわにして裁断します。

チャイナドレスの前身頃の裁断をします

前身頃の裁断をします ©️atelierleilei.com

まとめ

今回は裁断まで終わりました。

必要な型紙は4枚だけです。

そしてポイントは型紙に目打ちで穴を開けることです。

このやり方もぜひ試してみてください。

次回につづく

手芸
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました