チャイナ服

リネンの平連袖ブラウス

久しぶりのブログです。実は最近旗袍の研究にのめり込んでいます….


仲の良い旗袍職人の友達から色々と知識を得たので、今まで自分が持っていた旗袍の知識を一度リセットしたい位の気持ちです。


リネンのボーダー柄のブラウスが完成しました!本当は新作用に作りましたが、ミスが生じた為自分用に変えました。


ボーダー柄なので柄合わせで細心の注意を払って裁断しましたが….しかし出来上がりは後ろの裾部分が一本ズレてしまいました…..


昨日それを着て夫とデートしました。北浜にあるmountカフェに行きました。

実は平連袖のチャイナ服は胸が小さい方がシルエットがきれいに見えます。日本の着物もそうですよね!

しかし今の改良版の旗袍は西洋のパターンを使っている為、胸がないときれいに見えません、それは今の旗袍がセクシーな印象を与える原因だと思います。


今日はこの平連袖をきれいに着こなせる為、わざわざ胸を小さくしました。ワイヤーとパットが入ってない下着にしました。

下は厚手のリネンで作ったワイドパンツ、そして白いスニーカー。

リネン素材で平連袖を作って、生地に張りがあり過ぎて馴染みにくいかなと心配してましたが、着ているうちに自然なシワができて以外とすぐ体に馴染んで着心地はとても良かったです。

今後もリネン素材で平連袖のブラウスを作る予定です。

この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

leilei(レイレイ)をフォローする
スポンサーリンク
この記事をシェアする
leilei(レイレイ)をフォローする
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました