今後の方向性

スポンサーリンク

今までは接袖の旗袍やブラウスを中心に作ってきましたが、今後は連袖を中心に作っていく予定です。

やはり連袖の魅力に勝てず、もっと極めていきたいです。もちろんシンプルな接袖のブラウスはこの先も少しずつUPします。

連袖はとても手間のかかる作業です、型紙は使えずその都度生地にパターンを描いてから裁断します。生地の用尺も接袖の2倍は必要です、これは連袖商品のお値段が高い理由です。

まだ未完成ですが、写真の連袖旗袍(ロング)は生地3mとレース6mが必要です。ただで高価な日本製のリネンとレース、こんな贅沢な連袖旗袍、一度は作ってみたかったです。こちらで用意出来次第、このような連袖旗袍のオーダーメイドも始めたいと思っております。

チャイナ服
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

  1. […] 旗袍の領。チャイナ・カラーの一例。 via 今後の方向性 | atelier leilei […]

タイトルとURLをコピーしました