昆明へ旅立つ

乗り換えの済南国際空港。
スポンサーリンク

4月10日、私は今日昆明に旅立つ日です。

冷たい雨の中に夫がタクシー乗り場まで送ってくれた。夫が荷物を持って私は傘をさしてタクシー乗り場へ行きました。私はタクシーに乗り込んでしばらく発車しなかったので、夫は傘もささずに外でずっと笑って手を振ってくれました。冷たい雨で体が濡れたでしょうね、そんな光景を見てちょっと涙目になりました。

そういえば結婚してからちょくちょく妻が見送れられる場面があった。

乗り換えの済南国際空港。

乗り換えの済南国際空港。©︎atelier-leilei.blog

夕方16時40分発の済南経由昆明行きの飛行機です。予定は4月11日の朝方の12時10分に昆明に着く予定ですが、しかし2時間の遅れて朝方の2時10分に着きました。
いとこのお兄さんが車で迎えに来ました。

私は飛行機がとても苦手です。離陸する時と途中で乱気流の揺れと着陸する時は一番緊張します。そんな時は夫の顔が頭に浮かびました。

2人で乗る時はいつも夫の手を強く握って恐怖感を紛らわしています。今日は1人なので心の中ではずっと夫の顔を考えて無事を祈ってました。本当はとても気が小さい人です。

そしておばさんの家に着いたのは朝方の3時過ぎです。おばさんは夜食を作って待っててくれました、ら一緒に食べて少し話をしました。

寝る用意をしたらもう朝方の4時半になります中国は日本より1時間遅いので、日本ではもう5時半で明るくなっていると思います。

4月11日、夫は二つの学校で教えなければならない、朝はちゃんと起きれるかな、朝食は大丈夫かな、お財布の中にお金を補充したかな、着る服も用意できたかな…..と色々考えました。

どうか今日は無事に楽しく2つの学校の授業を教えれるように祈ります。

妻昆明より

旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました