昆明花鳥市場を散策。

スポンサーリンク

毎回昆明に戻ると必ず寄る場所は「花鳥市場」です。

今回の新しい発見は、昔の古い建物を修繕して、徐々に新しい店舗が増えてきたことです。

一匹の弱った子猫を追って写真を撮ってたら、おばちゃん二人「この子猫はあまりにも可哀相だから、息子が段ボール箱を探しに行ったよ!」

隣にいる若い警備員は「ペット売りに捨てられたんです、あっちにもう一匹いますが、二匹一緒にどうですか?」

しばらくして中学生の息子さんが段ボール箱を持って来ました。若い警備員ももう一匹の子猫を連れて来ました。

二匹の子猫を段ボール箱に投入、おばちゃん達は子猫を見ながら穏やかな笑顔で会話、若い警備員もほっとした笑顔で両手を後ろに回す。


という昆明花鳥市場で、のどかな午後のひと時でした。

旅行
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました