雲南料理:汽鍋鶏

完成
スポンサーリンク
スポンサーリンク

雲南料理:汽鍋鶏

約一年ぶりの「汽鍋鶏」、雲南ハムが切れた為。やっぱり雲南ハムを入れるのと入れないのと、味が全然違います。

汽鍋鶏→http://www.km871.net/jnf/honghe_f04.html

材料

  • 鶏もも肉、手羽元
  • 雲南ハム
  • 木耳
  • 椎茸
  • ネギ
  • 生姜
  • 料理酒

作り方

  1. 汽鍋の底にまず水で戻した木耳を敷く。
  2. その上に手羽元を並べます。
  3. 椎茸、ネギ、生姜スライス、雲南ハム。これが一層目
  4. 二層目も同じく、鶏もも肉(ひと口大にカット)、椎茸、木耳、ネギ、生姜、雲南ハム。
  5. 汽鍋の大きさにもよりますが、二人用の小さい汽鍋なら二層で満タンです。
  6. 仕上げに料理酒をたっぷりかけて、蓋をして三時間蒸したら完成。
  7. 蒸し方は汽鍋より一回り小さい鍋にたっぷり水を入れ、汽鍋をその上に載せて蒸します。
蒸す準備

蒸す準備

蒸す準備↑

雲南ハム

雲南ハム

雲南ハム↑

完成

完成

完成↑

今回は2時間しか蒸してない為、出来上がりのスープの量が少ないです。蒸せば蒸すほどスープの量が増えます。

ポイント

汽鍋鶏は水分を一切加えない為、骨付きの手羽元とジューシーなもも肉を使うと、程よい美味しいダシが出て、スープが美味しくなります。

料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

\このブログをフォローする/
\この記事をシェアする/
\このブログをフォローする/
スポンサーリンク
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました