ウールの小紋:50年代香港スタイル

首元はドイツ製のガラスボタン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウールの小紋:50年代香港スタイル

  • 表地:ウールの小紋
  • 裏地:正絹の長襦袢
  • パイピング:コットン
  • レース:MOKUBA
  • 襟元ボタン:ドイツ製ガラスボタン

反物は裁断前に一度シルクやウール専用の洗剤で洗いました。古い反物の匂いを取る為と縮ませる為でした。

ウールの小紋でリメイクした旗袍。

ウールの小紋でリメイクした旗袍。©︎atelier-leilei.blog

50年代香港スタイルの旗袍は楊成貴先生の教材を基に作りました、特徴を簡単に説明します。
ちなみに現代の多くは改良旗袍です。改良旗袍は今インターネットや中国のお店で簡単に手に入れます。香港スタイルと改良は両方とも接袖タイプで一見同じに見えますが、細かいところでそれぞれに特徴があるあります。

横から見て、旗袍のスリットは閉じている方が上品です。

横から見て、旗袍のスリットは閉じている方が上品です。©︎atelier-leilei.blog

香港スタイル

ダーツの入れ方

個人の体の特徴でダーツの曲線を変えてます。

肩の線

アジア人の女性はなで肩が多い為、個人の肩の型によって傾斜度とカーブを調整します。

袖山を低くします、袖山が低いと腕の運動量が増え、前後上下に動いた時、身頃を吊る分量が少なくなります。

裏地は正絹の長襦袢使用。

裏地は正絹の長襦袢使用。©︎atelier-leilei.blog

改良スタイル

ダーツの入れ方

量産の為、ダーツの形は統一していて、普通に立体感を出しています。

肩の線

こちらも量産の為、肩の傾斜度やカーブの形を統一している。男性のスーツに似たきっちりした肩のラインが多いです。

袖は肩と連動していて、きっちりシルエットを出す為、袖山を高くします、袖山が高いと静止状態の時は綺麗できっちりした肩ラインになります、しかし腕を少し上げると身頃全体が吊られ上の方にシワ寄せます。

首元はドイツ製のガラスボタン。

首元はドイツ製のガラスボタン。©︎atelier-leilei.blog

以上は大まかな特徴です、つまり香港スタイル旗袍が与える印象は、フェミニンでしなやか、ソフトなイメージ、実際着用して動きやすい、普段着向き。

改良旗袍が与える印象は、かっこ良くて凛々しい、肩ラインもしっかりしていて男性に負けない位に強い女性。舞台衣装に向いているかも知れません。

裏地にも飾りレースを忘れず(^^)

裏地にも飾りレースを忘れず(^^) ©︎atelier-leilei.blog

コメント

  1. […] ウールの小紋-50年代香港スタイルウールの小紋-50年代香港スタイル ◇表地… […]

タイトルとURLをコピーしました