チャイナ服

久しぶりの製作日記。

ダブルガーゼのワインレッドで作った旗袍

久しぶりの製作日記。

マリゴールド

マリゴールドは、「聖母マリアの黄金の花」という意味。

オレンジのマリーゴールドの花言葉:「予言」

オレンジのマリーゴールド

オレンジのマリーゴールド

最近、お花の写真を撮るのが楽しくて、初心者の人には比較的に簡単できれいに撮れます。

朝6時に起きて、近所で撮って来ました。

写真好きな父は「写真を撮るなら早朝が一番」と、なぜなら、朝の光は柔らかいからです。

製作日記

さて、最近はすっかり製作日記がお休みになっています。

生地屋さんに行くと、何故かすべての生地が頭の中で旗袍に置き換えます。

同じ生地でも旗袍を作るのと洋風ドレスを作るのと、随分イメージが変わります。

縁取り、高い襟、きれいに並んだ一列のチャイナボタン….

どんな生地で作っても格別になる旗袍の魅力が不思議です。

先日UPしたこの花レースの旗袍、当初は縁取りの色を普通の黒色にしようと思いました。

しかし偶然ワインレッドの糸が生地に転がったのです、一瞬その色合いがとても素敵に見えました!

絶対この色と思って生地屋へ急ぎました。

しかし、いつも使っているパイピング用の生地に同じ色がなく、困りました。

パイピング用の生地はあまり厚くも薄くもダメです、なぜならパイピングには一枚接着芯を貼ります。

厚すぎると巻けない、薄すぎると透けちゃう。

ダブルガーゼのワインレッドで作った旗袍

ダブルガーゼのワインレッドで作った旗袍

困ってた時に偶然目に入ったのはダブルガーゼのワインレッドです。

まさに私が探している色と同じです!

しかし、ダブルガーゼでパイピングは初めてです、うまくいくかな。

実際やってみると、やっぱりダブル=二枚重ね、厚すぎて巻けません。

考えたのは上の一枚を剥がす、そうすれば一重になって、うまくいきました。

なんて、今回のアピールポイントはこのパイピングの色合いです。

ガーゼなので、マットな質感で少しニットっぽい、ちょうど秋冬のイメージに合います。

興味のある方はぜひ→https://www.creema.jp/exhibits/show/id/1323751

この記事を書いた人

チャイナ服専門のatelier leilei(アトリエ・レイレイ)を運営しています。コンセプトは大人の女性が着る上品なチャイナ服。このブログでは、手作りチャイナ服の制作日誌、衣服文化・食文化、花図鑑などを書いています。

leilei(レイレイ)をフォローする
スポンサーリンク
この記事をシェアする
leilei(レイレイ)をフォローする
atelier leilei ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました